七五三で女の子はどんな服装が良いか

三歳、五歳、七歳は子供の厄年とも言われ、心理学的にも医学的にも成長の節目に当たり、一つのけじめをつけ、子供たちの将来の幸せを祈る行事です。
毎年11月になると、華やかな衣装をつけた子供連れを見かけますが、一家総出も多いこの七五三は、両親や祖父母にとっても、一生の記念になる行事です。
さて七五三には晴れ着を着て家族写真を撮ることがしばしばですが、特に三歳の女の子の着物姿は微笑ましいものです。
こうした男の子の熨斗目広袖、女の子の友禅の花柄模様の着物は、大抵が出産の時に贈られているものです。
それ以上の年齢の場合は、紋付羽織に仙台平の袴と、本裁ちの着物に揚げをして着せるのが普通です。
ただ近年は洋装も多く、特に小学校入学時期と重なる七歳の時には、入学式に着てゆく服装を兼ねて、こざっぱりしたスーツやワンピースを用意してもよいでしょう。
いずれにしても、成長も早く、衣装も汚れやすいですから、将来まで使える物など無駄のないように心がけることが大切です。


recommend


プリント基板についてお任せください



Last update:2020/2/21

Copyright (C) 2013 753Festival All Rights Reserved.